Reはぁと

牡丹華

牡丹華(ぼたんはなさく)は、文字通りボタンの花が咲く頃を指します。七十二侯では、ボタンが咲く頃と言ってますが、たくさんの花が咲く季節になりました。その代表がボタンの花だったのではないかな、と思います。ナミズキ、フジ、チューリップ、スズラン、スイセン、ツツジ、芝桜など、今の季節たくさんの花が私たちを楽しませてくれます。

自宅の庭にもボタンの花が咲いています。でも、この七十二侯を描こうとするまで、咲いていることに気づきませんでした。人の目は見ているようで見てないものですね。人は、見たいものしか見ないのかもしれません。

Scan1

花には誕生花というものがあります。みなさんは自分の誕生花を知っていますか?

図書館へ行くと、2冊、誕生花の本がありました。見比べてみると、誕生花は本によって違うようです。ボタンは、4月30日の誕生花でもあるし、4月14日の誕生花でもあります。どうして誕生花は統一されてないのでしょう。国や地域で差があるようですが、確実な根拠はないようです。

ボタンの花言葉は、風格、富貴、壮麗です。ボタンは中国で「花王」と呼ばれています。そのくらいボタンの豪華な花の姿が花言葉の由来だそうです。

自宅に咲いているボタンは真っ赤です。どうして気づこうとするまで気づかなかったのかはわかりませんが、気づくと、とっても堂々とした姿に見入ってしまいます。薄いピンクや濃いピンクのボタンもとっても美しいです。みなさんも、このゴールデンウイークは周りに咲いているお花を少し気にして見てはいかがでしょうか。

 

LINEで送る

©Reはぁと