Reはぁと

散歩とスケッチ

今日は子どもと一緒に家の近くを散歩してきました。散歩だけではもったいないので、スケッチもしてきました。

まずは、家の近くにある神社で、木のスケッチです。スケッチには、パステル色鉛筆を使いました。幹と幹の間に出ている新芽が可愛くて、それを描きました。

見えてる色と持っている色鉛筆の色は違うので、何色を使うかは迷うところだと思います。絵本作家の荒井良二氏のインタビューに、とにかく色を何色でもいいので掴んで、ばーっと描く、目に止まったものを早く描きたいから、というような記事がありました。大事なのは、スケッチする時、どこに重点を置いて描くか、そういうことだと感じました。

08 - 4

頭に浮かんだ何かを絵にするのは得意ですが、見たものをそのまま描くのは苦手です。風景画がとっても上手な人がうらやましいです。でも、荒井氏の記事を読んで、特徴をつかむことを意識してスケッチしました。

神社だったので、狛犬もスケッチ。どうも、私が描くと可愛くなってしまうようです。守り神っぽくない。こういう可愛い狛犬が関西弁で毒舌っていうのがギャップ萌えでありそうです。

08 - 3

油田駅にも行きました。久しぶりに立ち寄ると、こんなモニターがありました。北陸新幹線の影響で、城端線の運行に遅れがあった場合に表示されるようです。油田駅は無人駅なので、遅れがないかパッとわかるというのは、親切ですね。このモニターだけ今風な無人駅。ギャップ萌え?

08 - 1

ちょうど城端線が通りました。

08 - 2

 

10日と12日は想いをかたちにするパステルアート教室説明・体験会を行います。
詳しくは、5月の予定をご覧ください→

最近、看板を作って欲しいというお声かけをいただいています。絵もご依頼も承ります。
お問い合わせはこちら→

LINEで送る

©Reはぁと