Reはぁと

蚯蚓出

蚯蚓出(みみずいずる)は、ミミズが土から顔を出す時期を指します。

この時期、田植えや畑をするために土を耕すころだと思います。なので、ミミズをよく見るころというのは、そう言った意味もあるのかなと思いました。

パステルアートは、ミミズが顔を出している様子です。ピンク色で描いたら可愛いかなと思い、ピンク色にしました。

Scan1

ミミズのことを調べようと思って、図書館に行ったのですが、まずミミズの本はないですね。あっても調べもの以外は用途がなさそうだからかなぁとか思ったりします。回りくどく書くことで少し失礼じゃなく見えるかしら。

次に図鑑を調べようと思ったのですが、何図鑑を見たらいいのかも迷いました。昆虫?両生類・爬虫類?見ても見つけられなかったので、図鑑で調べるのも諦めました。

次に手に取ったのは、土をつくる本です。ミミズは土を耕してくれるありがたい動物だと聞いたことがありました。なので、土をつくる本を手に取りました。すると、ありました、ミミズに関する記述が。よかった、と一息。

ミミズやダニなどの土の中にいる動物や昆虫は土壌動物というそうです。土壌動物は、地表や土の中でいろいろな働きをします。ミミズに関していえば、ミミズの糞には、窒素・リン酸・カリウムなどの栄養が含まれており、ミミズが土の中を動き回ることによって、年間3.2mmの厚さを耕すと言われています。ミミズは作物にとって大切な生き物ですね。

もしかしたら、動物の図鑑になら載ってたのかもしれません。次は探してみよう。

 

木曜日は、人づくり・学び舎さんで、想いをかたちにするパステルアート教室説明・体験会です。15日はチューリップ朝市に出店予定です。ぜひ、お越しください。

 

LINEで送る

©Reはぁと