Reはぁと

Kidsパティシエ

昨日は、パティスリー プティ ア プティさんにお邪魔して、デコレーションケーキ作りをさせてもらいました。

パティシエの帽子をかぶって、厨房に入って、気分は本物のパティシエだったのではないかな、と思います。

デコレーションケーキを作るとはいえ、スポンジを焼くところからのするのは、とっても時間がかかります。なので、本当にデコレーションだけなのかなって思ってましたが、スポンジの材料の計量から始まりました。

軽量後は、卵をわったり、粉をふるったりしました。その後、卵に砂糖を入れ、生地を混ぜます。混ぜるのは機械が行うので、その間に、事前に焼いてもらっていたスポンジをデコレーション出来るように切りました。

20 - 4

子ども達にとっては、全て初めての経験で、おっかなびっくりでした。でも、パティシエの方が、補助をしてくれ、ケーキはこんな風に作っているんだなってわかってもらえたと思います。

しかし、スポンジを切る際、見栄えよくするために、上も下も切って捨ててしまうのがもったいないなぁと。確かに、お菓子屋さんがそんなこと言っていたら、食べきれないし仕方のないことなんですが。切れ端だけで1台分のケーキが作れてしまうと思いました。世の中の食べ物は、たくさん捨てられているんだろうな。

20 - 1

話しが脱線しましたが、たくさんのフルーツを使って、本格的なデコレーションケーキが完成しました。チョコレートプレートに自分達の名前も書いて、個性的なケーキが出来ました。このデコレーションケーキの他に、自分達で軽量して作ったスポンジもいただき、かき氷も食べ、子ども達は大満足だったようです。

プティ ア プティさんは、チューリップ朝市にも出店されておられます。とっても美味しいケーキですので、ぜひ、一度食べてみてくださいね。

LINEで送る

©Reはぁと