Reはぁと

人との距離感。

Scan1

気が付いたら蚊にさされてる季節になりました。夏の終わりの蚊の威力は強力で一度刺されると、結構長い間かゆい気がします。まだ9月初旬なので、もう1ヵ月くらいは蚊に刺される懸念と隣り合わせですね。早く冬にならないかしら。

しかし、日中はまだまだ暑い日が続いています。でも、もう9月なので、そろそろ秋の服に変えないとなぁと今日思いました。しかし、秋ってどんな服を着ていたのかな、と悩むのも毎年のことですね。ファッション雑誌を見なくなってもうどのくらい経つのかしら、と流行にうとい私ですが、時々服を新調したくなります。さてはて、秋の服はどうしようかな。

本題ですが、今日の題名を人との距離感とつけました。みなさんは、人と話す時、どのくらいの距離で話しますか?

今日お会いした人で、あれ、そんなに遠くから喋らずとも、もっと近くの方が聞き取りやすいし、わかりやすいのでは?と感じる方がいました。そう思うと、自分には普通だと思っていたことも疑問に思うわけです。私はどういった距離感で人と話しているだろうかと。

人は、パーソナルスペースを持っています。他人に入ってこられると不快に思う距離のことです。

話す際、あまり近づき過ぎると、不快に思うこともありますし、逆に距離を縮めたい人を相手とすると、相手のパーソナルスペースに入らないといけないわけです。

どうやってパーソナルスペースに自然に入っていくか、ということなんですが、一番使われるのは車ですね。運転席と助手席の距離が、二人の距離をいい感じで縮めてくれるのです。なので、距離を縮めたくない場合は、隣に座らないことが大前提となるわけです。そう、やすやすと車に乗ってはいけません。

きっと、今日お話した方は、このパーソナルスペースが広い方だったんだろうな、と一人で考え納得する夜更けでした。

 

11日に行われる予定だったチューリップ朝市は、雨天の可能性が高いため中止となりました。来月は私用のため出店できないため、私の今年のチューリップ朝市は終了いたしました。また他のイベントにも出店しますので、決まりましたらお知らせしますね。

 

LINEで送る

©Reはぁと