Reはぁと

言葉は気持ちを届けるもの。

今年は自然災害が多い年ですね。
先日、台風が本州に上陸し、子供たちは集団下校で帰ってきました。

自然の恵みがなければ人間は立ち行かないものの、自然が猛威を振るうと、またどうにも行かなくなるのも人間です。

人間とは何と小さな生き物なのかなって思います。
小さな生き物なのに、悩みが尽きないのも人間だよなぁとも。

さて、人間の悩みとは一体なんでしょうか。

自然災害は遭ってしまうと、復興するしかありません。
お金の問題は、結局働くしかありません。

では、人間関係は?

人は一人では生きられないことは、生きているとよくわかると思います。
家族や友人、職場の人など関係は挙げればたくさんあります。

心穏やかに過ごしたいって思っていても、人間関係が良くないとどうしても心に波風がたってしまうものです。

人間関係がぎくしゃくしてしまう原因のひとつに、言葉があります。
いつも言葉は難しいなと感じている私にとって、円滑にコミュニケーションをとれている人は本当にすごいと感じます。

言葉ひとつで人は幸せにもなれるし不幸にもなれる。

特に、人に嫌な言葉を言ってしまった後に痛感することです。
そして、身近な人には気を抜いて喋るので、言ってはいけない言葉を言ってしまったりするのもです。

言葉のトラウマはなかなか取れないものです。
それこそ、ごめんなさいの一言では到底拭えません。

でも、ありがとう、頑張って、おめでとう、大好きっていう言葉があるから、人は幸せになれます。

人はひとりでは生きられないから、言葉がある。言葉ひとつで幸にも不幸にもなれる。
だから、毎日幸せになれる言葉を遣いたいなって思います。

Scan1

 

 

LINEで送る

©Reはぁと