Reはぁと

子ども達が描く絵。

教室をはじめた頃は、大人に教えることが多かったのですが、最近は子ども達に教えることが多いです。

子ども達の絵は純粋に絵を楽しんで描いています。大人はどうしても上手い下手を気にして思うように描けませんが、子ども達にとってはそんなことはおかまいなしです。

絵は物語で、一つ描き始めるとどんどん世界が広がっていきます。ここにお花があって、ちょうちょが飛んできて、このちょうちょは親子でね、お母さんがごはんを子どもにあげてるの。描きながらその物語を一生懸命に伝えてくれます。

28 - 4

絵本作家の方のインタビューを読むと、子どもの絵に嫉妬するということをよく見ます。

先日のしおり作りの作品を並べたとき、その意味がよくわかりました。ただ絵を描くことを楽しむ、好きなものを好きなだけ描く、そこには常識とか決まり事はありません。とっても自由です。その自由さがとっても羨ましいです。

27-4

子ども達が完成した絵を見せてくれる時、本当にいい顔をします。こんなに楽しそうに自信満々に披露してくれる姿はなかなかありません。この時はたくさん褒めてあげます。素敵だね、夜の絵なんだね、こいのぼり楽しそうに泳いでいるねって。

07 - 2

大人がしてあげられることは子ども達が描いた絵を否定しないことです。もう少しここをこうしたらよかったのに、もっときれいに塗ったらよかったのに、子どもが描いた絵を見てそう思う大人が大半だと思います。でもそこはぐっとこらえて飲み込んでください。大人になれば、もっとこうした方がいいって自分で気づくからです。

今は子ども達の世界を認めてあげることを大切にして欲しいなって思います。

 

 

今後の予定

4月7日(金)9:00-12:00 パステルアート体験会@法林寺温泉

4月8日(土)10:30-11:30 パステルでお絵かき教室@氷見

4月9日(日)6:00-10:00 チューリップ朝市出店

4月21日(金)9:00-12:00 パステルアート体験会@法林寺温泉

4月25日(火)16:30-17:30 パステルでお絵かき教室@井波

 

LINEで送る

©Reはぁと