鱖魚群

鮭は生まれた川に戻り、産卵します。広い海をどうやって戻ってくるのか知っていますか?

鮭は、地磁気を感じて生まれた場所の沿岸に戻り、そこから川の水のにおいで生まれた川を見つけるそうです。鮭は生まれてから川を下り、3,4年海で暮らします。大きくなったら産卵のため、川に戻り、力尽きて死んでしまうそうです。この時期に群れになって戻ってくる鮭は、川の河口までくると、婚姻色と言われる色に変わります。オスもメスも中流まで上り、ペアとなって産卵します。

婚姻色ってどういう色なんでしょうか。婚姻色というのは、繁殖期にメスを引き付けるために目立つ色になることだそうです。魚の種類によってオスだけ婚姻色になったり、オスもメスもなったりするそうですが、鮭の場合は、オスもメスも婚姻色に変わります。魚は、色を見分けることができるみたいですね。川のにおいもわかると言われてるので、私たちのような感覚が備わっているのかもしれません。

今日はやっと雪が降りました。砺波ではもっぱら雨でしたので、雪が降った!という感じではないのですが、積雪を観測された地域もあるようですね。明日は起きたら白くなっているかな。雪道の運転は慣れないと危ないので、明日は気持ち早めに行動した方がよさそうですね。

鱖魚群

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です