菜虫化蝶

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)は、青虫が蝶になるころを指します。菜虫とは、青虫のことです。

パステルアートはモンシロチョウを描きました。黄色の花を一面に咲かせ、春らしさを表現しました。私は、春らしい色にピンクをよく使うのですが、今日の主役はモンシロチョウなので、ピンクよりも黄色の方が似合うなと思い、黄色い花にしました。青空には、雲も浮かんでいます。私の中の、春の空のイメージは、雲一つない青空というより、雲がやさしく浮かんでいる空です。なので、そのイメージで描きました。

Scan20620

七十二侯を描き続けて変わったことは、季節の変わる様子を気にとめるようになりました。

先日も、玄関から一歩外へでると、土の匂いや花の香りがしました。それだけでも、冬は終わったなぁと感じたのですが、散歩をしていると、つくしを見つけました。まだ土から出たばかりのつくしは、すごく初々しいです。

まだ、春になって蝶は見てませんが、今日はコートがいらないくらい暖かい一日でしたね。こんな日は外に出て、ゆっくり散歩したいなぁ、と思いますが、春といえば、花粉の季節でもあります。昨年までは、ちょっと鼻出るなぁくらいだったのですが、もう今年は絶対花粉症だと思えるくらい、一日中鼻水が止まりません。さすがに耳鼻科へ行きました。一日中だと、本当に集中力もなくなるし、色んなところに影響が出ますね。あるニュースでは、年々スギ花粉は増えていると言ってました。来年から花粉症対策は必須です。花粉症に効くお茶もありますし、何とかして薬に頼らない対策をしたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です