熊蟄穴

寒さが厳しくなってきました。12月に入り、子ども達はクリスマスを楽しみし、お正月を指折り数えていることでしょう。
世の中は色んなところでクリスマス会が行われ、大人たちは忘年会で飲みに出掛けることが多い時期です。

12月13日には、正月事始めを迎えます。神社やお寺では、毎年13日に煤払いを行うところも多いようです。
まだお正月には早いと感じますが、計画的に掃除やお正月の準備をして、気持ちよく新年を迎えたいものです。

%e7%86%8a%e8%9f%84%e7%a9%b4

七十二侯では、「熊蟄穴」(くまあなにこもる)の時期です。漢字だけでもわかるように、熊が冬眠する頃を指します。

今回のパステルアートは、雪を不透明絵の具で描きました。パステルだけの絵も好きですが、最近は色んな画材を試し、組み合わせして楽しんでいます。パステルだけで描くと優しい雰囲気になるのですが、不透明絵の具を使うと、アクセントになり、また違った雰囲気の絵になります。日々勉強と思って、いろいろ試しています。

熊は冬眠中、運動や食べるのをやめて、エネルギーの消耗を抑えます。ツキノワグマは、呼吸量を5分の1に抑えて代謝を抑制しているそうです。呼吸量を減らすってどういうことなんでしょうね。呼吸量を減らすと代謝が抑制されるようで、人間には考えられない冬の過ごし方を動物たちはしていることが熊の行動からしても想像がつきます。

あと、これも初めて知ったのですが、熊は冬眠時期の1月に出産を迎えるそうです。確かに、雪解けの春に子ども達が「わー!」って外に出てくるイメージはありますが、エサもない、代謝も減らして過ごしているのに、出産するエネルギーはどうしているのでしょうか。とっても不思議です。

冬の間は冬眠できたらいいなって感じる日も多いですが、動物たちの知恵や生態があってこその冬眠なんだなって思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です