東風解凍

先日の土曜日は立春でした。天気が良くて、とっても暖かい一日でしたね。春を感じさせる気持ちのよい日で、立春と聞いて納得する日でした。

しかし、昨日も今日も雨。暖かい日が長く続くことはありませんでした。富山はこれから雨が雪に変わる予報で、今週はずっと雪だと天気予報では言っていました。暦の上では春と言っても、実際2月は寒さが厳しい季節。まだまだコートが手放せません。

ただ、洋服屋さんへ行くと、もうパステルカラーのカラフルな洋服が店頭に並び、もう春なんだなぁとしみじみ感じます。冬物のコートは70%offの値札がつき、スプリングコートが主役になりました。雑貨屋さんでは、卒業の時に使うメモリーファイルなどが並んでおり、新しい季節がもうすぐ始まるなってワクワクします。

%e6%9d%b1%e9%a2%a8%e8%a7%a3%e5%87%8d%e5%b0%8f

七十二候は、東風解凍(とうふうこおりとく)の季節になりました。東風とは春風のことです。春風が吹いて、氷が解けていく季節です。

私の家の屋根雪も解け、落ちてくる水滴の音が自然が奏でる音楽のようです。子どもは、誰かが太鼓を叩いてるんじゃないのかと言ってました。子どもならではの感覚にほっこりしますね。

立春は、旧暦では1月1日です。新しい年のはじまりです。私は、2月1日にお祓いをしに行きました。本当は、節分や立春のときに行けたら良かったのですが、その日は予定があり、前倒しで行こうと思いつき行ってきました。

私は今年後厄でして、前厄のときも本厄のときもちょいちょい何かあったので、あと1年無事に過ごせますようにとお祓いをしてきました。行ってきたのは大岩山です。私のblogにもちょこちょこ出てきますね。大岩山は不動明王です。大きな岩を削って作ってある不動明王は何時間見てても飽きません。夏に行くと涼しくて気持ちのいい場所ですが、冬に行くととっても寒くて、防寒対策は必須です。

御祈祷の時は、火を焚くのですが、他では見る機会がないのでとても印象に残ります。また御祈祷の最後に、不動明王のお側へ行って手を合わせることができます。大きさやお顔など、圧巻です。大岩山は払う力が強いらしいので、厄年の方はぜひ御祈祷へ行かれてはいかがでしょうか。