二百二十日は台風の厄日

秋雨前線の影響で雨の日が続いてます。9月に入っても涼しい日で、とっても過ごしやすいです。でも、そろそろ晴れてもいいな。

そう言えば、台風の厄日というのを知っていますか?

9月は台風の多い月です。台風は私たちの生活に直結する問題です。農作物を守れるか、被害はどのくらいなのか、学校が休校になるのか、などなど。

台風の厄日というのは、立春から数えて二百十日、二百二十日、それと八朔(旧暦の8月1日)のことです。二百十日は9月1日頃、二百二十日は9月10日頃です。この時期は、昔から台風の被害がありその名前がつきました。ちなみに、富山県のおわら風の盆は二百十日の風を鎮め五穀豊穣を祈る祭りです。

今では気象衛星があり、風の流れなどをがわかるようになってきてますが、昔の人にとっては暦が頼りだったことがよくわかります。そして、お祭りも重要な役割をもっていたこともわかります。最近のお祭りは観光目的になりつつありますが、地元の人がその志を受け継げればお祭りが無くならずにすむのだと思います。

 

今日から七十二候は、草露白(くさのつゆしろし)です。

寒暖差の激しいこの季節は、朝露が白く見えます。一面に白露がきらきらしている様子は、まるで真珠がたくさんあるようで美しいと昔の人は言っていたようです。昔の人は心が豊かだったんだろうな。表現が素敵ですよね。

明日から豊水の出荷が始まり、ますます秋めいてきました。梨と言えば、富山県は呉羽梨が有名です。お盆の頃に幸水。そして明日出荷の豊水。10月には新高が収穫時期を迎えます。バトン渡しをしながら、梨を長く楽しむことができます。豊水の出荷が始まるということは、もう半分過ぎてしまったんだな、と少し寂しくなりつつ、豊水が食べれるのが楽しみです。

 

【イベント情報】
10月21・22日はほのぼのマルシェに出店します。新作もたくさん準備中。

【お知らせ】
絵本「かみなりくんとカエルさん」発売中! https://www.amazon.co.jp/dp/B075L5YM2Z

LINEスタンプ第1弾「やさいとくだもののおしゃべり」も販売中です。 https://store.line.me/stickershop/product/1454664/ja

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です