台風が過ぎ去ったあと

今日は敬老の日です。この3連休、台風で天気が心配でしたが、幸い富山県は寝ている間に過ぎ去っていき、雨は降ったものの風の影響はあまりなかったようです。敬老の日が近いためか、介護施設や病院でイベントもたくさん行われたのではないでしょうか。新聞には、ケーキ屋さんが介護施設でケーキを振舞ったとありました。とっても心が温かくなります。

文化の秋、スポーツの秋、食欲の秋、まだまだ秋はこれからです。

そう言えば、今年サンマが不漁で宮城ではサンマのイベントが中止になるという事態になっています。スーパーでも1匹150円と、家計には厳しい値段です。要因は、海の環境のせいか乱獲のせいかは定かではないようですが、旬のものをその時期に食べられないのは、なんとも悲しいことです。

 

さて、今日から七十二候は、玄鳥去(つばめさる)です。

ツバメは稲を食べる虫を食べてくれるので、昔から大切にされてきました。ツバメの巣があるとその家は幸せになれるというのは、一度は聞いたことがあると思います。そして、ツバメが去ったからと言って巣を壊したりしてはいけません。また春になると同じ巣に戻ってくるからです。一から巣をつくるのは大変なので、そっとしておいて欲しいなと思います。

台風が過ぎ去って気になったのは、来る前よりもスズムシやコオロギの音が近くに聞こえるということです。雨が降って、空気が澄んでいるせいもあると思いますが、すぐ側で鳴いているように聞こえます。こんなに美しい音だと、メスだけじゃなくて、人間だって近づきたくなりますね。

 

【イベント情報】
10月21・22日はほのぼのマルシェに出店します。新作もたくさん準備中。

【お知らせ】
絵本「かみなりくんとカエルさん」発売中! https://www.amazon.co.jp/dp/B075L5YM2Z

LINEスタンプ第1弾「やさいとくだもののおしゃべり」も販売中です。 https://store.line.me/stickershop/product/1454664/ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です