雪が降りました。

先日、朝起きると一面真っ白な世界になっていました。あっという間に溶けてしまいましたが、雪が降るとこんなにも美しい風景なんだと思い出しました。しかし、通勤通学には不便なもの。タイヤ交換はまだ大丈夫と思っていた方は大変だったんじゃないかなと思います。私の家も朝早くに出ていく弟の車がまだタイヤ交換しておらず、その日は父の車で行きました。

降った朝に撮った玄関前の木です。しっかり積もってます。子どもは雪が降ったととても嬉しそうでしたが、私は雪を見ると急にまた冷えてきたように感じ、体を動かすのによしやろう!って意気込まないとストーブの前から離れられません。

そんな日が続くのかなと思っていたら、今日は雲一つない青空が広がり、外に干した洗濯物が乾くいいお天気でした。外に干しても乾かない日が続くんだろうなって思っていたけれど、今日みたいな天気があると一気に家事を済ませてしまおうって気分になって気持ちがいいです。

 

今日から七十二候は、閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)です。雪がたくさん降り、真冬になる時期です。この時期の今日みたいな晴れ間は珍しく、どんよりした雲がたくさんある灰色の空が多くなる冬、また明日から天気が悪くなるようです。二十四節気では、今日から大雪です。来週の天気予報では雪マークがたくさん出ています。大雪というだけあって、雪がたくさん降るのでしょうか。

たくさん降るといえば、立山黒部アルペンルートが11月30日で冬休みに入りました。例年よりも雪が多く、雪崩の危険もあったので早めの終了が決まったそうです。鉄道も運休になりますが、黒部の発電所は一年中動きます。なので、その勤務する人のために食料などの物資をたくさん運ぶ様子がニュースになっていました。私たちの生活を支えてくれている人たちがいるんだ、と改めて気づかされました。

気になって発電所のことも調べてみると、関西電力のHPに冬の作業のことが書いてありました。マイナス20度の現場をいつも異常がないか点検しているそうです。そして、働く人のために物資を運ぶ逓送さんが2時間半弱かけて歩くんだそうです。こんな便利な世の中なのに、最後は人の手なんだなって思いました。平地ですっごい寒いっていうなんて申し訳ないです。黒部ダムは雪が3mほど降るそうですが、今年はもっと多く降りそうですね。安全に春を迎えられますように。

 

そう言えば、高岡市では既にインフルエンザで学級閉鎖になっている学校があるそうです。ひどくならないように早め早めの対処や手洗いうがいを徹底したいものです。年末年始、元気に過ごせるよう体調にお気を付けくださいね。