鮭が川に帰ってくる頃ですね。

昨日降り続いた雪は、あっという間に庭を覆いかぶし真っ白な世界が広がっていました。細い木の枝にたくさん雪が積もってて重そうです。今週は少し寒さが和らぎ、今日は晴れ間も見えました。今週どれだけ雪が融けるのでしょうか。

雪がたくさん降って嬉しいのはスキー場です。土曜にはいくつかのスキー場もオープンしました。雪がたくさん降ったので、十分に営業できますね。去年は雪が少なく、スキー場もなかなかオープンできなかったと記憶しています。学校のスキー教室も中止になりました。今年はそんなことがなさそうです。年末にスキー出来そうかな。

今日、運転していると虹が出始めるのを見ました。雲の切れ目から光が差し、行く先に虹が架かりました。今日は旧暦で11月1日です。とっても幸先がいいスタートだなって思いました。

土曜日から七十二候は、厥魚群(さけのうおむらがる)になりました。鮭が群れとなって、川をさかのぼっていく頃です。私の住んでいる近くの庄川でも鮭が産卵のため帰ってくるそうです。11月初旬には庄川で鮭まつりが行われています。今年は台風の影響で中止になったそうですが、鮭のつかみ取りや鮭の鍋も振る舞われるそうです。その祭りが行われる場所の近くには鮭の回遊経路の図もあり、本当に鮭がこの川に帰ってくるんだなぁと感慨深いです。

鮭と言えば、回転寿司でよく見られるとろサーモンは鮭じゃないとテレビで言ってました。サーモンは鮭らしいのですが、とろサーモンはマスのようです。そうだって言われて出されると、そうだって思うしかないのですが、富山県民にとってはマスは身近な魚です。鱒寿司は全国的に有名な食べ物です。マスが美味しいというのはみんな知っていることなので、回転寿司のとろサーモンもマスって出しても食べてもらえると思うのですが、名前って不思議なものです。