親子パステルアート教室 さつまいもを描こう

毎月第3土曜日小矢部市のELABOにて行う親子パステルアート教室は、季節に合ったパステルアートを親子で一緒に描いて一つの作品をつくってもらいます。9月はサツマイモをテーマに描きました。

今回は初めてパステルアートを経験する女の子とそのお母さんが来てくれました。お母さんのお仕事も親子関係をもっとよくしたい、困っている人の役に立ちたいとカウンセリングをしておられます。なので、私が親子パステルアート教室をしていること、私のパステルアートがいいなって思ったことをきっかけに来てくださったとのことです。ありがとうございます。

A4の紙にサツマイモのパステルアートを描きます。最初に下地を塗ります。アイボリーか白かを選んでもらい、ふたりでコットンで下地を塗ります。次に空と土を塗っていきます。A4の紙は子ども一人で塗るには大きいので、お母さんも手助けするだけでなく、一緒に描いていきます。サツマイモを土の中に描くか、地面に出ている様子を描くかで空と土の塗る幅が変わってきます。なので、そこは相談して決めてもらいました。
背景が塗れたら、次は別の紙にサツマイモを描きます。何個でも描いていいとお伝えすると、家族の人数のサツマイモが出来上がりました。それぞれに顔も描いて、仲の良さそうな家族のサツマイモの絵になりました。あとは、サツマイモを好きなところに貼り、つるを描いてパステルアートの完成です。

指で描くので小さい子も楽しめるのがパステルアートです。手が汚れるのですが、それも、子どもには楽しいようです。指で直接絵を描くことは五感を使います。なので、より無心に楽しめます。今回参加してくれた女の子もお母さんにこっそり楽しいねってたくさん伝えてくれたようです。ちゃんとお母さんはそのことを私に伝えてくれました。お母さんにちゃんと気持ちを伝えられるやさしい女の子ですね。お兄ちゃんがいるので、お母さんと女の子の秘密の楽しい時間となったのではないかなと思います。

次回は10月17日㈯です。ハロウィンをテーマに描きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です