ふたご座流星群

昨日の夜はふたご座流星群が好条件で観測できる良い日だったようですね。私も22時過ぎに外へ出て見ました。西の空だったのですが、私の住んでいるところからでは明るくて、2つほどしか見れませんでした。

しかし、実は流れ星を見たのは初めてで、本当に流れてる!と嬉しくなりました。しっかり流れてるのが見えるって感動しますね。と、そこで気になるのは、流れ星はどうやって出来るのか。しかも、ふたご座流星群は1年の中でほぼ同じ日に、決まったところから現れるようです。気になりますよね。

流れ星は、宇宙の塵が地球の大気圏に入ったときに光り出す現象だそうです。塵やらガスやらスピードやらが関係して高温になり光るようです。塵ができるのは、彗星が塵を放出しているからです。ふたご座流星群などの決まった日に現れる流れ星は、彗星の塵の帯のところを地球が年に1度通過するから見えるそうです。詳しくは知りたい方は宇宙の本を読んでくださいね。

あっという間に過ぎていく流れ星に願いを3回言うのは難しいです。でも、願掛けしなさいという意味ではなく、あっという間に言えるくらい強い想いを持ちなさいということだと思います。なので、何かにすがるのではなく、自分で手に入れるんだっていう気持ちでいたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です