射水市大島絵本館

私の好きな場所に射水市大島絵本館があります。常時、絵本原画展が行われ、2ヵ月に1回の頻度で入れ替わります。2月6日から3月30日までは、tupera tuperaさんの「タコさんトコトコどこいくの?」と「パンダ銭湯」の原画展が行われています。

16 - 1

以前のブログtupere tuperaさんに会いに行くでも書いたように、3月20日には絵本ライブも行われます。もう既に満員御礼なので、見に行ってくださいね、とは言えないのですが、ミニワークショップも行われるそうです。いつ募集が始まったのかわかりませんが、恐らく募集を開始してすぐ定員に達したほどの大人気の作家さんです。きっと、また、あ!っと驚くような仕掛けしてくれそうな予感がします。

tupera tuperaさんは、主に切り絵で絵本を作っておられることを初めて知りました。原画でないと、この事に気づきにくいと思います。パンダ銭湯でパンダの目に違和感を感じていたのですが、その正体は切り絵だったからなんだと納得しました。そして、細部のこだわりが見えるのも原画展ならではです。たとえば、パンダがサングラスとる場面では、ちゃんと、毛の下にサングラスの耳にかける部分が入っていました。伝わりづらいですが、とっても細かいところなんです。見える見えないとかでなくて、ちゃんと表現する、そういうところが素晴らしいなって思いました。

原画展を見ると、作家さんのこだわりが見えてきます。絵本を読むのとは違った楽しみ方が出来ますので、是非足を運んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です