チョコ大福

時々、簡単に作れるお菓子のレシピをイラストを添えて紹介しています。パッと見て、さっと作れたらいいなと思って、このレシピを書き留めています。お子さんと一緒に作りたい人やちょっとした手土産を作りたい人、めんどくさがりの人に参考にしてもらえたら嬉しいなって思っています。

さて、今回は、白玉粉が余っていたので、白玉粉を使ったレシピです。白玉粉は優秀な子で、まぜてゆでればもちもちで美味しいという、簡単にお菓子になる子です。ゆでて、ぜんざいにつければ、白玉ぜんざいになりますし、ゆでてきな粉をまぶせば、きな粉餅になります。想像したら食べたくなってきました。

前回のレシピは、本当のお餅を使ったチョコ餅を紹介しましたが、今回は、チョコ大福です。チョコを使ったお餅系のお菓子はどうしてこんなにも簡単で美味しくなるのでしょうか。簡単なので、また作ってみようっていう気になるところも魅力です。

チョコ大福は、もちもちの食感とチョコのしっかりした食感(ただ、チョコの食感は、作った後と冷やした後ではちょっと違います)が楽しめます。豆腐を混ぜて作るので、もちの部分はやわらかいです。チョコの味を変えると大人も子どもも楽しめますし、自分の好きな味を探すことも出来ます。味にバリエーションが作れるのも、チョコレートを使ったお菓子の楽しみでもありますね。

私が作ったのは、チョコはビターチョコレート。ココアパウダーは砂糖のないものを使用しました。白玉には味がないので、チョコを多めに入れないと、甘さが少ないかなという気がしましたが、甘いものが苦手な人にはよいお菓子かなって思います。

簡単ですので、気になる方はぜひお試しください。

Scan1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です