からだメンテナンス。

Scan1

こころとからだのバランスが大切とはよく言われることです。

こころが元気でも、からだが動かないと何もできないし、こころが疲れているとからだは動きません。全く、人間というものは本当に不便なものです。

私も、ここ最近、からだがゆがんでいると言われ、カイロプラクティックに通っています。接骨院には通ったことがあるものの、整体やカイロプラクティックに通うのは初めての経験です。なので、いまだに通っていても、カイロプラクティックってこうなんだよという事が言えません。え、普通は言えるのかしら。

こころもからだも100%が一番いい状態だとして、ゲームみたいにHPがいくつとか出てくれたらわかりやすいんですが、そういったわけにもいきません。なので、自分で気づく、自分で対処することがいかに大切か、ということになるわけです。

そして、多少の痛みでは人はまぁ大丈夫だろうとスルーしてしまうわけですが、他人からやばいねと言われると、あらそうなの、じゃあ重い腰をあげますか、となるわけです。

何が言いたいのかって?それはもちろん、日々自分の状態に目を向けましょうということが言いたいのです。

私は普段、絵を描くことをおすすめしてます。それは、自分に目を向けるようになるからです。絵心どうのこうのではなく、好きなように色を塗ることが、自分の状態を見える化するのです。

色は、自分のからだの一部を表すときがあります。こころの状態を表すときもあります。絵を描くことは、今自分が何に一番関心を持っているかを見えるようにしてくれます。なので、絵を描くこと、色を使うことをおすすめしてます。

おっと、最初の絵はとんでもなくだらーんとしてましたが、最後は真面目な話になりましたね。あまり言ってませんが、パステルアート教室やってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です