にほんご広場なんと。

昨日は、にほんご広場なんとさんにてパステルアート教室を行ないました。日本人、外国人合わせて22人も集まってくれました。こんなにたくさんの人に向けて教えるのは初めてなので、ちょっと緊張しました。改めて写真で見てもいっぱいです。

にほんご広場なんとさんは、日本に住んでいる外国人に日本語を教えている場所です。砺波市や小矢部市にはこういったコミュニティがないため、南砺市以外からもここに学びに来ているそうです。そして、日本人スタッフも南砺市の方だけではなく、色んな市からサポートしに来ています。そんな場所があるというのも知らなかったので、お邪魔できて良かったです。

私は日本語以外話せないので、そんな私が海外で生活すると考えただけで生きていけるんだろうかって考えてしまいます。でも、ここに来ている人たちは、そんな心細い思いを抱えながら日本語を話せるようになって頑張ろうってしている人たちなんですよね。

言葉の壁は大きい問題です。日本人同士だってままならない時があるのに、外国人なら尚更です。日本語が話せないと思うと一人の世界にこもってしまいがちですが、ちょっとでも話せるって思えると世界が広がります。そんなお手伝いをしている場所がここです。

1対1で丁寧に日本語を教えてあげれるそうですが、サポーターの手が足りず、なかなか思うように教えてあげれないこともあるそうです。みんな学ぼうっていう意欲がある人たちばかりなので、パステルアートを教えていて私も勉強になりました。パステル、コットン、茶こしなど単語一つ一つみんなの勉強なんですよね。

みんな素敵な作品が完成しました。教えたのは、下地を塗ること、削って指で色を塗ること、パステルで直接絵を描いて指でぼかすこと、消しゴムで色が消せることです。全部素敵なんですが、いくつか抜粋して作品を紹介したいと思います。

パステルの柔らかい雰囲気がよく出てる素敵なクリスマスカードです。周りに塗った水色の縁取りがイラストを引き立てています。

周りの色が一輪の花を優しく包み込んでいます。消しゴムの使い方もとっても上手です。周りの色を消したことによって、額に入ったようなパステルアートになりました。

カラフルでとっても可愛いパステルアートです。文字も可愛いです。ありがとうって気持ちがすごく伝わってきます。

難しい技法を使わなくても、とっても素敵な作品が出来上がりました。

パステルアートが終わったら、作品紹介です。みんな上手な日本語で素敵な作品を発表していました。とってもいい笑顔です。

こんな素敵なご縁を頂けたこと本当に感謝です。前田さん、ありがとうございました。

絵を描くことは自分を表現することです。色や描いたもので自分のことをわかってもらったり、わかってあげたり。作品を通じてその人の新たな一面を見れるのも絵を描く楽しさです。

パステルアート教室は出張も行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

【12月の予定】

16日(土) パステルでクリスマスカードを描こう教室です。こちらは前日までのお申し込みとなります。

17日(日) iroiro・iro通りです。こちらはクリスマスオーナメント作りをします。自分で描いた絵を飾りましょう。

毎週金曜日はみやの森カフェでパステルアートが体験できます。

【お知らせ】
LINEスタンプ第2弾!可愛いお菓子たちのスタンプです。
https://store.line.me/stickershop/product/1615325/ja
絵本「かみなりくんとカエルさん」発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/B075L5YM2Z