パステルでお絵かき教室

パステルでお絵かき教室@井波、10か月続いた教室が今回で最終回でした。これまで本当にたくさんの技法を学び描いてきました。最後は習った技法を使って自由にパステルアートを描きました。

まずは下書きから始めます。下書きの紙はちょっと大きめにすると色をつける時に便利です。私は今回が最後ということで、ありがとうという気持ちを描きます。

子ども達はどんな絵を描くのでしょうか。これまで習った技法をたくさん使ってみようという子もいれば、自分の好きなものを描くという子もいます。出来上がりがとっても楽しみです。

下書きが完成したら色をつけます。まずは下地をコットンで塗ります。それから背景を塗り、絵を描いていきます。型が必要なところは下書きを切って作ります。その時、型が動かないようにセロテープで固定します。なので、下書きの紙は大きめの方が便利です。

こちらがみんなの作品です。グラデーション、とっても素敵に仕上がってます。ドーナツやコップの塗り方も工夫出来ました。色鉛筆とパステルを使い分けて木と原っぱの雰囲気を変えました。消しゴムで消す技法もしっかり使えています。みんなとっても素敵な作品が完成しました。

私の作品は女の子なのですが、女の子を描く時は頭、体、手をパーツごとに切り取って描きます。その描き方を見た子ども達はかわいそうとの声が。でも、そういう描き方もあるんだよって知ってもらえたかな。

パステルアートで年賀状を描くという子もいました。井波の教室は今回で終わりでしたが、絵を描くことを続けて欲しいなって思います。またお絵かき教室、どこかで出来たらいいな。通って頂いて、ありがとうございました。