Reはぁと

こころと向き合うパステルアート教室の様子

こころと向き合うパステルアート教室を行いました。

絵はこころを映し出すものです。絵を描けば、何色を使ったか、どのように配置したかなどでこころの中がわかります。こころと向き合うパステルアート教室では、今の自分を知り、前に進む勇気をもってもらう教室です。

まずは、今の自分と未来こうなりたい自分を書き出してもらいます。書き出すことで、自分は何を考えているのかを視覚化します。

そして、書き出してもらったら、次はパステルアートを描きます。見本はありません。簡単にパステルアートの描き方を教えた後、自由に絵を描いてもらいます。特に書き出してもらったことには触れず、自由にパステルアートを楽しんでもらいます。

まず、下地を塗ります。下地は化粧でいう化粧下地。下地を塗ることによって上に塗る色がきれいに映えます。白かアイボリーを選んでもらって下地をぬったら、自由に丸を描いてもらいます。

丸をある程度描けたら、消しゴムで消して模様をつけたり、練り消しで消すと薄く消えるので消しゴムとは違う消し方が出来ることを教えます。そしてまた、満足するまで描いてもらいます。

最後に、好きな色で一言書きます。

パステルアートが完成したら、最初に書いてもらった紙とパステルアートを見せてもらい、色や描かれたメッセージについて私が感じることをお伝えしました。絵にはたくさんのメッセージが描かれています。丸をいくつ描いたか、何色を使ったか、いろんな角度から描かれたパステルアートを見ることができます。

今回受けてくださった方は、最初に書いた紙にある言葉がそのまま、最後の一言になっていました。最初にその言葉を書いたことを忘れていたのに、最後の一言にその言葉を書いたことに驚いておられました。絵からいろんなことがわかるのは楽しい、定期的に受けると自分の気持ちの変化もわかって面白いだろうなとおっしゃっていただけました。

DSC_2141

LINEで送る

©Reはぁと