Reはぁと

出張パステルアート教室

今回は2回目の出張教室でした。今回のパステルアート教室は、パステル和(NAGOMI)アートの「木と丘」を描きました。木と丘は風景画に近いので、前回の宇宙より何を描こうかと想像しやすいパステルアートです。

まず、下地をアイボリーで塗ります。次に、色を何色か使って丘を描きます。下に暗めの色、上に明るめの色をもってくると奥行きが出せますと説明し、自由に丘を描いてもらいました。丘を描いたら、次は木を描きます。木も上に黄色などの明るい色をいれると立体感が出せますと説明し、描いてもらいました。木を描いたら、パステルで直接幹を描きます。パステルは直接描くと、クレヨンのように線が太くなるので、思うところに線を描くのが難しいようでした。そして、空を塗ります。空は好きな色で塗ります。最後に、木の実や丘に花を描いて完成です。どこまで丘に花を描くか迷うと言いながら、楽しく描くことができました。

05 - 1

今回も三者三様のパステルアートが完成しました。木と丘といっても、どう配置するか、どんな色を使うか悩む方もいましたが、描いていくうちに慣れてくると思います。他の人の作品を見ると、自分よりとっても上手に感じますが、パステルアートは近くでみるより遠くから見た方がしっくりくるものです。今回の作品も、遠くから見たら自分の作品も悪くないと言ってもらえてよかったです。まずは、自分の作品を自分で受け入れることが上達への一歩です。

05 - 3  05 - 2

LINEで送る

©Reはぁと