Reはぁと

パステルでお絵かき教室@井波1回目

パステルでお絵かき教室を初めて井波の「人づくり・学び舎」にて行いました。

学校ではあまり使われないパステルを使って絵を描く教室です。画材を一つでも多く知ることで、絵を描く幅を広げ、絵を描くことを好きになれる教室です。

まずパステルとはどういう画材なのかを知ってもらうために、実際にパステルを見てもらいました。パステルには、オイルパステル・ソフトパステル・ハードパステルという種類があります。パステルってどんなもの?クレヨンみたいなもの?ってよく聞かれますが、クレヨンはオイルパステルに近いもので、教室で使うハードパステルはチョークに近いです。というよりも、ハードパステルの仲間にチョークが入っています。

・オイルパステル
顔料をワックスと油でねったもの。クレヨンに近い。画用紙にしっかり色がつく。
出来上がりは、油絵具で描いた質感に似ている。

・ソフトパステル
顔料を少量の糊で固めたもの。粒子が細かいため、発色がよく、画用紙でもよくのびる。色の種類が多い。

・ハードパステル
パステルは顔料をやや多めの糊で固めたもの。チョークはこの仲間。
削っても描けるし、角を使って細い線も描ける。

 

パステルのことがわかったら、いよいよ絵を描いていきます。今回は、下地を塗ること、パステルを削って指で塗ることを教えました。

下地は主に白かアイボリーを使います。下地を白にすると例えば青空の色がきれいに出ます。アイボリーにすると全体がやさしい雰囲気になります。それを踏まえて、好きな色を選んでもらいます。

下地が塗れたら、絵を描いていきます。削って指で塗るというのは簡単な作業ですが、どのくらい力を入れていいものなのかは慣れていくしかありません。子ども達の絵を見ながら、もっと力を入れて塗っても大丈夫と指導しながら進めます。パステルの粉は粉っぽくなくなるまで画用紙に入れます。紙が傷つかないようにというのは大切なことですが、粉を塗りこまないと色が付かなかったり、粉が浮いてきれいな絵になりません。しっかり色が付けれるようになれば上達も早いです。

思い思いの絵が完成しました。みんな全く違う絵が出来て、とっても素敵でした。お絵かき教室では、自分の描いた絵を好きでいて欲しい、自分の描いた絵を好きでいれば自分を好きになれるというのも一つのコンセプトです。なので、アルバムをプレゼントして先生からの一言メッセージも添えました。上手い下手ではなく、こういうところがいいねというメッセージです。子ども達の今後の力になればいいなと思っています。

07-3

教室の感想を頂きましたので、紹介します。
・すごく楽しかった。
・子どもの好きなように描かせてみたら思いもよらない配色やグラデーションができておもしろいなと思った。
・たくさんの人と絵が描けてたのしい思い出になった。

次回は、3月28日(火)16:30-17:30です。2回目からの参加も大歓迎です。パステルアートの描き方について少しずつ勉強していきます。

 

お知らせ

氷見の森捨商店様の2階のスペースをお借りしてパステルでお絵かき教室の1回目を行ないます。ぜひお気軽にお越しください。

日時 3月11日(土)10:30-11:30

受講料 一人1,000円(材料費込)

場所 森捨商店2階スペース(氷見市川尻270)

教室の準備がありますので、予約してもらえると有り難いです。ご予約・お問い合わせはこちら→

 

LINEで送る

©Reはぁと