絵本の読み聞かせ会

絵本を読むことは子どもにとっては新しい世界への入口です。絵に出会い、言葉に出会い、感情に出会います。絵本の中で子ども達はいろんな冒険をします。その冒険をたくさんすることで、子ども達は様々なことに興味を持ち、考え、行動し、学びます。絵本はその一歩となります。
また、絵本を読むことは、お母さんお父さんとの触れ合いの時間です。大人も絵本の世界を楽しみ、子ども達にわくわくを伝えることができます。絵本は文章を読むだけでなく、絵も楽しめるもの。いろんな楽しみ方を子ども達に伝えることができます。
子ども達はお母さんお父さんとの触れ合いが大好きです。絵本を通じて、触れ合いの時間をもっとつくってもらえたらいいな、そんな時間を増やしてほしいなと考え、絵本の読み聞かせ会を行っております。

第3回砺波駅にぎわい市にて
第3回砺波駅にぎわい市での読み聞かせの様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です